おいしい食べものがたり

食べ物をおいしくする「てまひま」の素は、どこから生まれてくるのでしょう? 
生産者さんの物語や、パリで活躍する日本人シェフの思い、食材にまつわるおいしい話などを集めてお届けします。

未来に伝えたい、ニッポン和食遺産

  • 和食遺産VOL.18/静岡おでん(静岡県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第18回目に登場するのは静岡県の「静岡おでん」です。牛すじをベースにした黒いつゆが特徴の「静岡おでん」は、黒はんぺんを代表する具材に串を刺して煮込み、仕上げにはだし粉と青のりをふりかける、中部地方を代表するおでんです。

  • 和食遺産VOL.17/おたぐり(長野県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第17回目に登場するのは長野県の「おたぐり」です。馬のモツ煮の「おたぐり」は、塩味、味噌味、醬油味とバリエーションさまざま。お酒のつまみにぴったりな長野県南部のソウルフードです。

  • 和食遺産VOL.16/ほうとう(山梨県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第16回目に登場するのは山梨県の「ほうとう」です。幅広の平打ち麺に、かぼちゃを中心にした根菜やきのこ類を加え、味噌仕立ての汁で煮込んだ「ほうとう」は、身体を芯から温める鍋料理です。

  • 和食遺産VOL.15/ねぎま鍋(東京都)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第15回目に登場するのは東京都の「ねぎま鍋」です。江戸時代に庶民の間で親しまれた伝統の味は、鮪の中でも脂が多く、保存に適さないトロをどうにか食べようと考案されたことから始まりました。
  • 和食遺産VOL.14/けんちん汁(神奈川県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第14回目に登場するのは神奈川県の「けんちん汁」です。 北鎌倉の禅宗・建長寺が発祥と伝えられる精進料理の「けんちん汁」は、胡麻油が芳ばしく香る、心と身体にやさしいすまし汁です。
  • 和食遺産VOL.13/イワシのだんご汁(千葉県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第13回目に登場するのは千葉県の「イワシのだんご汁」です。イワシの町、九十九里で冷蔵庫のない時代に、足のはやいイワシをすり身に加工して加熱し、保存性を高めたことが始まりとされています。

     

  • 和食遺産VOL.12/すったて(埼玉県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第12回目に登場するのは埼玉県の「すったて」です。夏の暑い日に、忙しい農作業の合間に手軽に食べることを目的につくられた冷し汁「すったて」は、これからの季節にぴったりの栄養豊富な健康食です。

  • 和食遺産VOL.11/あんこう鍋(茨城県)

    日本各地の郷土料理を、名店のレシピとともに紹介する連載「未来に伝えたい、ニッポン和食遺産」。第11回目に登場するのは茨城県の「あんこう鍋」です。海のフォアグラとも呼ばれる栄養豊富なあん肝と味噌を炒ってつくる、本場どぶ汁仕立ての「あんこう鍋」は、濃厚な味わいで通好みの逸品です。